建築事務所に対する情報開示の義務化

 リフォーム・リノベーション用語集

【建築事務所に対する情報開示の義務化】

用語集
建築事務所に対する情報開示の義務化

建築事務所に対する情報開示の義務化とは2006年6月と12月に行われた建築士法の改正により、義務付けられた法律のことです。
建築士事務所に対する情報公開の規定が強化され、それまで事務所の名称や業務の実績などを記載した書類を建築主の求めに応じて閲覧させてきましたが、業務実績などに関する報告書を作成し、事業年度ごとに都道府県知事に提出することを義務付けられました。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース