建築年代で分かる住宅の強度

 リフォーム・リノベーション用語集

【建築年代で分かる住宅の強度】

用語集
建築年代で分かる住宅の強度

現代においては建築年代でおよその強度や壁の中の構造が把握できるようになっています。

その住宅の強度や構造などが年代よってわかるようになった理由として1981年と2000年によって義務化された二つがあげられます。
●1981年(昭和56年):建築基準法の耐震基準が強化され、柱と土台、柱と梁や胴差し(柱相互を連結し、2階の壁や床を支える横架材のこと)に建築金物を使い施工することが義務付けられた。
●2000年(平成12年):建築基準法が改正され、出隅(壁と壁、壁と柱などが交わることでできる外側の隅の部分のこと)の壁に筋交いをクロスに入れたり、構造用合板などと抱き合わせて壁の耐力を強くすると同時に、基礎の中にホールダウン金物を埋め込み、それを柱に取り付けて、柱が引き抜かれないようにすることなどが義務付けられた。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース