建築士の責任の明確化

 リフォーム・リノベーション用語集

【建築士の責任の明確化】

用語集
建築士の責任の明確化

建築士の責任の明確化とは、耐震偽装事件を契機として、2006年(平成18年)6月と12月に建築士法の行われた改正法のことをさします。
2007年(平成19年)6月に施行されました。
今回の改正で、「建築士は、常に品位を保持し、業務に関する法令および実務に精通して、建築物の質の向上に寄与するように、公正かつ誠実にその業務を行われければならない」と、建築士の職責規定が明確化されました。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース