玄関のバリアフリー工事のポイント

 リフォーム・リノベーション用語集

【玄関のバリアフリー工事のポイント】

用語集
玄関のバリアフリー工事のポイント

玄関のバリアフリー工事のポイントとは、工事をスムーズかつ最終的な仕上がりを想定する有効なポイントのことです。
一般的には以下の項目があげられます。
(1)配置/介護・介助を受ける高齢者等の寝室と、できる限り同じ階に玄関を配置すること。
(2)ベンチ・式台/安全かつスムーズに靴を着脱したり、上がり框を昇降できるよう、ベンチや式台が設置できるスペースをできる限り確保すること。
(3)段差/沓ずりと玄関外側の高低差を20mm以下、沓ずりと玄関土間の高低差を5mm以下とすること。また、上がり框の段差は110mm以下にすること(接地階の玄関は180mm以下、踏み台を設ける場合は360mm以下を推奨)、など。
(4)内装/水に濡れても滑りにくい床材を採用すること。また体をこすっても擦り傷になりにくい素材を壁材に採用すること。
(5)手すり/上がり框の昇降や靴を着脱する際に体を支える手すりを設置すること、あるいは設置できるように下地等を補強すること。
(6)出入り口/歩行補助具や車イスがスムーズに通行できるよう、出入り口の幅を750mm以上(推奨は800mm以上)確保すること。またドアは、引き戸など、開閉しやすく安全性や防犯性に考慮したものを採用すること。ガラス入りのドアの場合には、転倒した際にガラスが破損しないように、強化ガラス等を採用すること。
(7)照明/足下が暗がりにならないよう、十分な照度を確保すること。(8)収納/無理のない姿勢で靴などを出し入れできる位置に、下駄箱などの収納を設けること。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース