建築士に対する安全確認証明書の交付の義務化

 リフォーム・リノベーション用語集

【建築士に対する安全確認証明書の交付の義務化】

用語集
建築士に対する安全確認証明書の交付の義務化

建築士に対する安全確認証明書の交付の義務化とはもともとは、設計した設計図書に一級・二級建築士や木造建築士の表示をして、記名・捺印しなければならないとだけ規定されていましたが、2006年(平成18年)6月と12月に行われた建築士法の改正〔施行は2007年(平成19年)6月〕で、「構造計算によって建築物の安全性を確かめた場合には、その旨の証明書を設計の委託者(つまり建築主等のこと)に交付しなければならない」という新たに義務化された規定のことです。
またこれに違反して、構造計算によって建築物の安全性を確かめていないにもかかわらず証明書を交付した場合には、その建築士は1年以下の懲役、または100万円以下の罰金に処せられるようになりました。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース