建築面積に関する形態制限の緩和措置

 リフォーム・リノベーション用語集

【建築面積に関する形態制限の緩和措置】

用語集
建築面積に関する形態制限の緩和措置

建築面積とは、建物の外壁や、それに代わる柱の中心線で囲まれた部分の水平投影面積のことです。
ただし、(1)地階(地下室) で、地盤面上1m以下にある部分、(2)軒や庇、はねだしなどで、外壁等の中心線から1m以上突き出した部分に関しては、その端から水平距離1mの部分については、建築面積の算入から除外されます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース