蹴上げ

 リフォーム・リノベーション用語集

【蹴上げ】

用語集
蹴上げ

階段の一段の高さのことをいいます。

この部分の寸法のことを「蹴上げ高さ」若しくは「蹴上げ寸法」とも言い、建築基準法にて寸法が定められています。

建築基準法では、住宅の場合、幅750mm以上、蹴上げ230mm以下、踏面150mm以上と決められています。
蹴上げ寸法は、階高÷総段数(上がりきり段数)で算出できるが、あまり高くすると急勾配になってしまうので注意が必要です。
蹴上げ部に用いる板は蹴上げ板、あるいは蹴込板と呼ばれています。

ちなみに、足がのる平らな部分を「踏み面」、階段の垂直になった部分を「蹴込み」と呼びます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース