クリーンバリア工法

 リフォーム・リノベーション用語集

【クリーンバリア工法】

用語集
クリーンバリア工法

クリーンバリア工法とは住宅の基礎内部の土壌面(土・コンクリート面)に、特殊な2種類の樹脂を混合・散布し、厚い膜をつくることで、湿気とシロアリ侵入の防止を図る工事のことをいいます。
クリーンバリア工法は従来の薬剤散布型のシロアリ防止・駆除工法とは違い、薬剤が土中に染み込んだり、薬剤臭が建物の中へ入り込むリスクはありません。また雨水・地下水によって流れ出ることもないので、環境汚染の心配もありません。
皮膜は散布直後より硬化し始め、土壌面の含水率によって異なるが、約1カ月ほどで安定します。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース