組合施工型市街地再開発事業

 リフォーム・リノベーション用語集

【組合施工型市街地再開発事業】

用語集
組合施工型市街地再開発事業

組合施工型市街地再開発事業とは地権者の5人以上が発起人となって「組合」を設立し、再開発事業を行うやり方のことです。
組合設立のためには、土地所有者や借地権者のそれぞれ2/3以上の同意を得ることと、同意した人が所有する宅地と借地の面積の合計が全面積の2/3以上であることが条件になります。
組合運営のルールである「定款」と、市街地再開発事業に関する「事業計画」を定めた上で申請し、都道府県知事の認可を得ることになります。
また事業完了後は、個人施行型と同様に、権利変換方式でビル等を建設した土地を共有し、建物を区分所有します。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース
     

仲介手数料無料キャンペーン