区画の中心線

 リフォーム・リノベーション用語集

【区画の中心線】

用語集
区画の中心線

区画の中心線とは、工法・構造によって、建物等によって異なる中心線のことです。

以下、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の場合によって中心線が異なります。

①木造の建築物:木造軸組工法の場合は柱の中心線。木造枠組工法の場合は壁を構成する枠組材の中心線。丸太組工法の場合は丸太材の中心線が、それぞれの区画の中心線となる。
②鉄筋コンクリート造の建築物:鉄筋コンクリートの躯体やPC板(プレキャストコンクリート板)の中心線が、区画の中心線となる。
③鉄骨造の建築物:金属板や石綿スレート、石膏ボードなどの薄い材料を張った壁の場合は胴縁等の中心線。PC板、ALC板(軽量気泡コンクリート板)の場合はその中心線が、それぞれの区画の中心線となる。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース