京間(本間・関西間)

 リフォーム・リノベーション用語集

【京間(本間・関西間)】

用語集
京間(本間・関西間)

京間(本間・関西間)とは、京を中心に、広く関西から九州の一部地域で用いられた、設計基準のことです。

主に、茶室・民間・書院などを設計する際の基準尺(モジュール)として用いられます。

柱割りの場合は基準の1間を6.5尺(約197cm)、畳割りの場合は基準の畳の大きさを6.3尺×3.15尺(約191.0cm×95.5cm)となっています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース