居住用財産の3000万円特別控除

 リフォーム・リノベーション用語集

【居住用財産の3000万円特別控除】

用語集
居住用財産の3000万円特別控除

自分が保有している物件(自宅)を売却して利益が出た際に、その利益である譲渡所得から最高3000万円まで控除を受けられるという制度のことをさします。

ただし土地だけでは対象になりませんので、建物を所有しておく必要があります。
また買い換えに当たってこれを利用すると「ローン控除」ができなくなりますので注意が必要です。

3000万円特別控除を利用する場合は以下の点にご注意ください。

(1)本人が居住している土地付き建物を売却するか、住まなくなった日から3年目の12月31日までに売却すること
(2)売却した年の前年及び前々年に「3000万円特別控除」や「居住用財産の買い換え特例」「居住用財産の譲渡損失についての損益通算及び繰越控除の特例」の適用を受けていないこと
(3)親子や夫婦など、特別な関係にない人に売却することなどをクリアしなければならない。

などが上げられます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース