気密住宅

 リフォーム・リノベーション用語集

【気密住宅】

用語集
気密住宅

気密住宅とは、般的に相当隙間面積が5c㎡以下の、隙間が少なく気密性が高い住宅のことをいいます。

尚、住宅性能表示制度の省エネルギー対策等級にて4等級を採用する場合には、断熱地域区分のⅠ地域とⅡ地域の寒冷地では相当隙間面積を2c㎡以下にするように規定されています。

気密住宅として、隙間面積を減らすことで、不必要な換気回数を減り、熱損失を少なくなることで、機械などにより給気と排気の経路を明確にした計画換気(24時間換気システム)を行なうことが可能になります。
気密住宅において、気密性をを上げるために外気に面する床(※1)・壁・天井の面に防湿気密フィルムを施し、それらの継目に気密補助材にて連続性を確保する気密工事が必要となります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース