キッチンのバリアフリー工事のポイント

 リフォーム・リノベーション用語集

【キッチンのバリアフリー工事のポイント】

用語集
キッチンのバリアフリー工事のポイント

キッチンのバリアフリー工事を行う際の主なポイントとして、以下の6項目があげられます。
(1)キッチンなど長時間の作業をする場所では、レイアウト:安全性や使いやすさを考慮して、調理台や流し台、冷蔵庫、食器棚などのレイアウトを決め、車イスに乗ったままでも使用できるような設備(足下がオープンな流し台、リモコン操作で昇降する収納など)を導入する。(キッチンの設計・仕様から始めるのがベスト)
(2)段差:キッチンの出入り口やキッチン内の段差はすべて解消する。
(3)内装:水に濡れても滑りにくい床材を採用し、壁には防火性が高く、手入れのしやすい素材を採用する。
(4)調理器具・給排水設備:高齢者が安心して使用できる安全装置の備わった調理器具や給排水設備を採用し、水栓金具も安全で操作がしやすいものを採用すること。
(5)照明・暖房:調理なとが安全に行えるよう、十分な照度を確保すること。また冬季のヒートショックを防ぐために、床下暖房や足元温風機等を設置すること。
(6)安全設備:ガス漏れ検知器や火災警報器を設置すること。自動消火装置やスプリンクラーの設置が、望ましい。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース