既存道路

 リフォーム・リノベーション用語集

【既存道路】

用語集
既存道路

既存道路とは、1950年(昭和25年)11月23日の建築基準法施行時に、都市計画区域内(または準都市計画区域内)に現に存在した道路で、幅員4m以上の道路のことをいいます。
また、施行後に都市計画区域に編入された地区では、編入された日において、現に存在する幅員4m以上の道路をいいます。 公道、私道の別は問いません。
既存道路に接している住宅を建て替える場合には、前面道路の中心線から2mまで敷地を後退させなければならないとされています。
これを「セットバック」と呼びます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース