木裏(きおもて)

 リフォーム・リノベーション用語集

【木裏(きおもて)

用語集
木裏(きおもて)

木裏とは、木材を製材したとき、樹幹の内側の面。樹心に近い切断面のことをいいます。
反対に外側に近い方が「木表」と呼ばれています。
「木裏」は繊維が浮き出たようになり、見た目が悪いので見えない面に向けるのが一般的とされていますが、耐久性を要する、雨露にさらされる外周りなどには、「木表」より耐水性耐久性が高く、「木表」側に反る性質があり雨を溜める格好となるため、「木裏」を化粧面に使ったほうが良いケースもあります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース