加齢配慮

 リフォーム・リノベーション用語集

【加齢配慮】

用語集
加齢配慮

加齢配慮とは居住者が高齢になり、体の動きが不自由になった時でも、安全に、かつ快適に暮らしていけるように配慮された家や設計のことです。
具体的には、車イスでも使いやすいシステムキッチンや段差のない床、引き戸方式の出入り口、広めのトイレや浴室、手すりを付けたり、将来的に手すりが付けられるような下地処理をしておいた壁や廊下、階段など、他にも様々に工夫されたものがたくさんあります。
バリアフリー住宅もその一種にあたります。
また日本国内において平均寿命の伸長により、定年後の在宅生活期間が延長し、高齢になっても在宅生活を送る人口が大きく増加しており、より快適に暮らすための住環境整備が進んでいます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース