壁式工法

 リフォーム・リノベーション用語集

【壁式工法(カベシキコウホウ)

用語集
壁式工法(カベシキコウホウ)

壁式工法とは、主として、低中居のンション等の共同住宅などの建築に用いられる構造形式のひとつのことです。

板状の壁や床だけで構成し、柱や梁が室内に出ないため、室内を広く使えメリットがありますが、構造上ある程度の壁量が必要なため、ラーメン構造に比べて開口部の取り方が限定されやすいデメリットもあります。
また、既存の壁を取り払うことができないため、大がかりな間取り変更をともなう欠点もあります。

骨組構造に比較して経済的であるとして普及しているが、柱、梁がないため階数に限度があるとされ、高層建築には不向きといわれています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース