壁の配置・バランス

 リフォーム・リノベーション用語集

【壁の配置・バランス】

用語集
壁の配置・バランス

壁の配置・バランスとは、耐震診断で、建物の外壁の中にどれだけ壁が入っているのかを調べる際のポイントの一つです。
全体として壁が多くても、東西南北のどれか一つの面で壁の量が少ない場合に、「壁の配置・バランスが悪い」と判断されます。
対して、東西南北それぞれの外壁の長さに対して、壁の長さが5分の1以上ある場合は、「壁の配置・バランスが良い」といわれます。
地震の際に変形、ねじれが生じ、倒壊の危険性が高まるので注意が必要です。
また建物の角部分に耐力壁を設け、上下階の耐力壁のポジションを極力合わせたり、建物の重心と剛心をできるだけ近づけることで壁の配置のバランスがよくなります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース