火災警報装置

 リフォーム・リノベーション用語集

【火災警報装置(かさいけいほうそうち)

用語集
火災警報装置

火災警報装置とは、火災発生時に煙や熱を感知して、ベルや音声などで警報を発する装置のことをいいます。
一般的には天井に設置され、警報ベルが鳴り響くと同時に、マンションなどでは管理人室(防災センター)にも自動通報される仕組みになっています。
2006年6月の改正消防法の施行に伴い、新築住宅の寝室や階段に住宅用火災警報器の設置が義務付けされました。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース