押縁

 リフォーム・リノベーション用語集

【押縁(おしぶち)

用語集
押縁(おしぶち)

押縁(おしぶち)とは板状の部材同士の継ぎ目や端部にできる隙間を隠したり、ずれないように押さえるための細長い資材のことをさします。
一般的には縦羽目板の継ぎ目に取り付ける目板や合板などが代表的なものといわれ、木製、金属製、プラスチック製などの種類があります。
また、外壁に各板を少し重ねて取り付けた板を『下見板』」と呼び、押縁でこの下見板を押さえる方法を押縁下見板張と呼びます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース
     

仲介手数料無料キャンペーン