置床

 リフォーム・リノベーション用語集

【置床(おきゆか)

用語集
置床(おきゆか)

置床とは、簡易で移動可能な床の間のことで、床柱などを付け台状に造られたものの事を指します。
置床は、正式に床の間を設けるスペースがない場合の代用として、和室の隅などに配置されてるケースが多いとされています。
また置床の寸法は、幅900×奥行330×高さ290mmなどが代表例としてあげられます。
置床は、別称=「付け床」とも呼ばれています。
床の間の形式には、置床の他に、「板床」、「蹴込み床」、「踏込み床」、「織部床」、「釣床」などがあります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース