枝下高 (えだしたこう)

 リフォーム・リノベーション用語集

【枝下高 (えだしたこう)

用語集
枝下高 (えだしたこう)

枝下高とは、立木の状態で、根元から力枝(ちからえだ=樹冠で最も長大な枝のこと)までの樹幹の長さを「枝下高」といいます。
またその樹幹を「枝下材(えだしたざい)」といいます。
力枝以下の枝は成長への変化がどのように貢献しているかを示す指標が少ないため、枝下材は比較完満度(樹幹の根元から枝下までの細り具合)が良く、良質の材になるといわれています。
また枝下高が高いほど、製材時の歩止まりが高くなるため、枝下高の高低が良い素材の条件の1つにあげられています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース
     
書写賃貸併用住宅グランドオープン

今週のEVENT