エアーサイクルシステム(住宅)

 リフォーム・リノベーション用語集

【エアーサイクルシステム(住宅)】

用語集
エアーサイクルシステム(住宅)

エアーサイクルシステムとは、住宅の壁の中や小屋裏、床下に空気を循環させ、温度調節するように設計されたシステムのことです。
暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降するという「対流の原理」を応用したシステムです。
例として夏は、床下の換気口を開いて涼しい空気を住宅の床下から躯体内の隙間に取り入れるとともに、小屋裏の換気口を開いて住宅の内部にこもった熱い空気を放出させ、冬は、換気口を閉じて冷たい空気が入るのを防ぐと同時に、日の当たる屋根や外壁から太陽熱を集めて、住宅全体を暖かな空気で覆う仕組みのことです。
住宅内の温度を一定化するとともに、空気の断熱性によって壁の結露を防止してくれるという効果もあります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース