内金・内入金

 リフォーム・リノベーション用語集

【内金・内入金】

用語集
内金・内入金

内金・内入金とは、住宅の購入や建築、リフォーム・リノベーション等にかかる費用を何回かに分けて支払う場合、最終的な支払い(残金決済)の前に、「代金の一部前払金」として支払う金銭のことをいいます。
不動産の取引においては、契約時に「手付金」が支払われ、その後引き渡し(残金決済)までの間に代金の一部が支払われる場合、その分を指して「内金または中間金」と呼ばれることが多いとされています。
ただし、契約によっては、内金と手付金が同じ意味で使用されるケースもあります。
そのため、「契約から引き渡しまでに支払う金銭はそれぞれどんな意味を持つのか、また、どちらかが契約解除する場合、各支払金はどうなるのか」、契約時に確認する事が重要になります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース