内断熱工法

 リフォーム・リノベーション用語集

【内断熱工法(うちだんねつこうほう)

用語集
内断熱工法(うちだんねつこうほう)

内断熱工法とは、グラスウール(ガラス繊維でできた、綿状の素材)やロックウール(玄武岩、鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成される人造鉱物繊維)、またはウレタンフォームなどを柱の間などに充填施工する工法のことをさします。壁の中に断熱材が施されることになるので、内断熱といいます。

外壁に面して断熱材が不連続になる床スラブや戸境壁にヒートブリッジ(熱橋)ができるため、断熱補強が必要となります。
マンションでは外壁は内断熱、屋上は外断熱にするケースが主流です。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース