田舎間(江戸間・関東間)

 リフォーム・リノベーション用語集

【田舎間(江戸間・関東間) (いなかま(えどま・かんとうま))】

用語集
田舎間(江戸間・関東間)

田舎間(江戸間・関東間)とは、民家や茶室に使われる基準尺の1つです。
柱割り(建物の機能・構造・工法に基づいて柱の位置を決めること)の場合は、柱と柱の中心線の間隔(一間)の長さが6尺(約181.8cm)のもので、これを「江戸間」と呼びます。
一方、関西地方などでは、畳割りが主流とされていました。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース
     

仲介手数料無料キャンペーン