一等材

 リフォーム・リノベーション用語集

【一等材(イットウザイ)】

用語集
一等材(イットウザイ)

一等材とは、日本農林規格(JAS)で定められた製材類の品質等級のひとつです。
基本的には見た目のよさを表したもので、強度を表したものではないとされています。
二等・一等・特一等のほか、小節・上小節・無節といった区分にわかれています。
二等・一等・特一等は節が目立ったり、丸みがあったりするため、目に見えない部分に用いる並材となります。
節の大きさや数、材の丸みの有無に応じて二等・一等・特一等に区分されています。
「一等材」においては、大小の節が沢山あり、強度的に全く問題無い程度の若干の死節やハチクライ(虫食い穴)等が混入している状態とあり、かなり感覚的な基準とされています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース
     

仲介手数料無料キャンペーン