囲障設置権(いしょうせっちけん)

 リフォーム・リノベーション用語集

【囲障設置権(いしょうせっちけん)】

用語集
囲障設置権(いしょうせっちけん)

囲障設置権(いしょうせっちけん)とは所有者の異なる2棟の建物があり、その間に空地がある場合、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲障を設置することができる権利(民法225条1項)のことです。

囲障の種類は、隣人間の協議によって決めることが原則とされていますが、協議が調わないときは、板塀又は竹垣その他これらに類する材料のものであって、かつ、その高さは2mのものとされています(同法225条2項)。

これは、民法が標準的な囲障を示したものといえます。

もっとも、最近では板や竹はかえって入手しにくいので、囲障としての意義はやや小さくなってきています。

囲障設置権の目的は、相隣関係の調整として囲障を設置することでプライバシーの保護を図ることにあります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース
     

仲介手数料無料キャンペーン