あて材(アテザイ)

 リフォーム・リノベーション用語集

【あて材(アテザイ)】

用語集
あて材(アテザイ)

あて材とは、傾斜地などで樹心が一方に偏って成長してしまったため、実際の材質とは違った性質を持つ部分「あて」のある材のことをさします。
例えば針葉樹の場合は、枝や傾斜した幹の下側が成長し、この部分に圧縮応力がかかってあてができるため「圧縮あて材」といい、広葉樹は枝や傾斜した幹の上側が成長し、引張応力を受けてあてができることが多いので「引張あて材」といわれます。
あて材は年輪幅が広いのが特徴的とされ、反(そ)りや狂いの原因となることがあります。
また、資産には住宅ローン債権も含まれます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース