アール・ヌーヴォー

 リフォーム・リノベーション用語集

【アール・ヌーヴォー】

用語集
アール・ヌーヴォー

アール・ヌーヴォー(フランス語: Art Nouveau)とは19世紀末~20世紀初頭にかけて、ベルギーやフランスを中心にヨーロッパ各地に波及したデザイン様式ことをいいます。
由来は1895年パリにできた美術店、アール・ヌーヴォーの名に由来しています。

花や植物などの有機的なモチーフや自由曲線の組み合わせによる従来の様式に囚われない装飾性や、鉄やガラスといった当時の新素材の利用などが特徴的とされています。。
建築・家具では、ヴィクトール・オルタによるタッセル邸(ブリュッセル、1893年)、エクトール・ギマールによるパリの地下鉄駅出入口、アントニ・ガウディによるサグラダ・ファミリア(建設中)などがあります。
ブリュッセルやリガ歴史地区にあるアール・ヌーボー建築群は世界遺産に指定されています。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース