RAL基準

 リフォーム・リノベーション用語集

【RAL基準】

用語集
RAL基準

RAL基準とは「取引条件についてのドイツ委員会」のドイツ語頭文字をとったもので、1925年3月24日ベルリンでのドイツ連邦経済省による設立が起源とされている基準のことです。
壁紙に関するRALは安全品質基準。重金属・安定剤・可塑剤・塩ビモノマー・発泡剤・VOC(揮発性有機化合物)・ホルムアルデヒドの基準値が規制されています。
RALマークは品質保証壁紙のマークのことでこの規定を満たした壁紙のみが表示することが可能なマークのことです。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース