マイホームは資産か負債か?持ち家の価値基準について。

コラム マイホームは資産か負債か?

マイホームは資産か負債か?

『ゆくゆくご実家に戻らないと・・・』『でも親が健在の時って同居はちょっと・・・』『となると実家に戻るのもいつになるのやら・・・』
そんなお悩みの中で家探しを躊躇しているって結構あります。
そこで、新たに家を持った方がいいのか?実家に帰るまで賃貸で過ごした方がいいのか??
そこの決め手となるポイントをご説明いたします。

重要なのは購入予定のタイミング

重要なのは購入予定のタイミング

今は賃貸に住み続けていても、いつかはマイホームをという理想をお持ちの方は多いと思います。
例えば新築だった場合大きな資産となりますが、住宅ローンを組む以上、大きな負債としてのしかかります。
ではしばらく賃貸に住み続ける事が正解なのか?
そのポイントは『購入予定のタイミング』です。
例えば、10年ぐらい先になりそうな方の場合は家賃が仮に7万円だとしたら10年で840万円になります。
条件によってはマイホームが買える価格まで膨れあがります。
ご実家に戻るときには売却してお金にする選択肢もございますし、人に貸して家賃収入でお小遣いにもできます。

資産価値は考え方によって異なる。

資産価値は考え方によって異なる。

マイホームは資産か負債かというテーマですが、問題は購入の仕方にあると思います。
一部の新築物件だと購入時から値段が下がりますので、ご自身の満足度は高いかもしれませんが、資産価値を考えた場合は価値が下がると住宅ローンと売却時の金額に乖離が生じるので負債になるかもしれません。
ただし、中古住宅などの購入をする際に土地価格で購入した場合は工事費分の支払いを終えると資産と変わっていきます。

リバースモーゲージを活用する。

リバースモーゲージを活用する。

昨今の社会情勢やコロナ情勢を見ていても少し先の未来もあまりわかりません。
もちろん、支払いにも安心できる範囲でマイホームを購入して老後の資金まで預貯金できる方が理想ではあります。
ただ、実際にご実家の承継も家を必要としているときに承継をできない方も多く実家や家はあるが子供たちは家を買い、また、子供たちは就職や結婚で近くに住まないケースも目立ってきています。
そんな中、年金の保証もなくなってきているところ・・・
こういった方々の為にリバースモーゲージという仕組みを使われる方が増えてきています。

老後や将来の不安を解消するリバースモーゲージとは?

最終的に決めるのは『自分自身』

最終的に決めるのは『自分自身』

実家に戻るころには売却か賃貸に出せば問題はなく、資産価値を意識しながら探すだけでクリアします。
現在は低金利も続き家賃並の支払いでマイホームが持つことができるようになりました。
また最近では副業や兼業もしやすくなりパラレルキャリアで複数拠点を持たれる方も増えております。
今までの当たり前はこれからの当たり前ではありません。
また誰もそんな生活してないし・・・周りの目を気にしていても自分の未来は自分で切り開かないといけません。
よく実家に帰ってきてほしい親は家を買うことに反対します。
でも子供やご自身の未来までは保証してくれません。

時代の流れが速くコロナ禍で一気に流れが変わり、より生き方や暮らしの在り方は見直されると思います。
マイホーム購入は人生の一大イベントです。
家族のことを考えれば、多面的な角度からマイホーム購入を検討することをお勧めいたします。
ゆくゆく実家にっていう方でもやもやされている方は是非一度ご相談ください!!

[記事]田中 義人

お住まいに関して気軽に質問したい方はLINEがおすすめ!

LINE友達追加

イベントの先行ご案内やお得な情報も続々更新中です!
■開催中及び開催予定のイベントはこちら