住宅購入における女性の決定権に関する情報

コラム 女性の決定権について

女性

住宅購入にあたりましては『女性入口』『男性出口』このように言われております。
それは、住宅の購入動機は日々の家事などから女性きっかけで考え始めるケースが大半。
ただ、住宅ローンの債務者となるご主人が最終決定権者となるので出口はご主人というわけです。
そのかわり、お車だと逆だとも言われます。
それは、お車は男性の方がこだわりが強くただ、お財布は女性が握っているなんてことも言われます。

マイホームをお持ちになられた方、既婚女性500人を対象にした調査結果

世論調査

そこで、本日はLIXILさん調べの面白い記事がありましたのでこちらを書かせていただきます。
マイホームをお持ちになられた方、既婚女性500人を対象にした調査結果みたいです。(複数回答)全国2016年3月14~21日
住まいの場所や間取り、住宅設備の最終決定について


○夫が決める(どちらかというと夫を含む) 43.0%
○妻が決める(どちらかというと妻を含む) 36.8%
若干、男性のご意見を取り入れられる方が多いようです。

住まいを建てた時、女性の意見が強くなるケース

キッチンに立つ女性

住まいを建てた(購入した)とき、妻の意見の方が強かったこと


①キッチンまわりの機器やデザイン 54.1%
②各部屋のカーテンや壁紙 39.8%
③家の間取り 30.1%
④リビングの機器やデザイン 29.3%
⑤水回りの機器やデザイン28.8%

水回りは女性の領域という方が多いみたいですね。
また、家に居る時間が長いのも女性ということでの意見でしょうか。

お住まいをお持ちになられて夫に対して不満持たれましたか?


①特に不満はなかった 67.7%
②夫に対して不満を持った 32.3%

なんと!?3割ぐらいの方は不満を持たれるケースも
その中のご意見としては、『もっと相談に乗ってほしかった』『予算を考えずに理想ばかりを語る(高望みをする)』などがあげられます。

住まい持つきっかけとなった会社の理由は?


①わかりやすい簡潔な説明をしてもらった 31.6%
②自分たちの要望など話を聞いてくれた 26.8%
③専門的な提案してもらった 25.1%

などなどです。

業者とお施主様の関係・・・共に大事だと改めて感じました。
『夢のマイホーム』お客さまのご意見をしっかり聞きながらご提案させていただきます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

[記事]田中 義人

お住まいに関して気軽に質問したい方はLINEがおすすめ!

LINE友達追加

イベントの先行ご案内やお得な情報も続々更新中です!
■開催中及び開催予定のイベントはこちら