住宅ローンの借入可能額を計算する方法

借入可能額には「返済負担率」や「審査金利」が影響します。

住宅ローンの返済額を少しでも減らす方法を説明してきましたが、基本的には負担を減らして理想の住まいを手に入れる事が多くの人が理想としている部分ではないでしょうか。
そもそもの借り入れ額を減らす事を鑑みた時、やはり新築より安い中古物件を掘り出しリノベーションをすることで借り入れ額を減らしローン返済を楽に出来るのも選択肢の一つではないでしょうか?
例えば中古物件でもマンションなら築25年、戸建ての木造住宅なら築20年以内という条件で中古物件購入に「住宅ローン減税制度」が適用されます。

住宅ローン減税制度の概要(財務省)

また、近年の空き屋問題もありリノベーションがブームとなり中古物件の購入費用とリノベーション工事費用とを一本化した『一体型住宅ローン』を扱う金融機関も増えてきています。
リノワイズではリノベーションだけでなく不動産などの取り扱いを専門としたファイナンシャルプランをご相談いただけるサポートも無料で行っております。
是非、見るだけではいまいちつかめないという方にも丁寧に説明させていただきますのでお気軽にご相談ください。

[/su_animate]

[記事]田中 義人

■開催中及び開催予定のイベントはこちら
知っておくと得する住宅ローン個別相談会
中古物件を探してリノベしたいお客様の為の個別相談会
コネクトハウス×リノベーション
アロマボックス
住宅ローンに関する個別相談会
持ち家の方の為のリノベーション個別相談会
previous arrow
next arrow
Slider