暑い夏を快適に家で過ごす為の工夫とは

コラム 家にいる機会の多くなる夏を快適に過ごしたい・・・そんなお客様の為に。

夏

初夏の現在暑い日々が続いております。
この夏は新型コロナウィルス(COVID-19)の影響をうけ、「STAY HOME」のもと家にいるシーンが多くなってきたかたも多いのではないでしょうか?
夏を涼しく過ごすかは、古来から日本のテーマです。
なるべくなら家で過ごすのであれば快適な時間を過ごしたいですよね。
大きな暑さの原因は、住居の『断熱性能の低さ』にあります。
やはり外の熱気を遮断出来るつくりになっていないと、冷房の効きは半減しますし、電気代も嵩張ってしまいます。
そこを気にするばかり我慢をすれば気持ちが穏やかでなくなり夏自体が嫌いになってしまいます。
家にいる時間は必然的に多くなる夏。
やはり快適な時間も家族で共有したいと思うのが必然です。
今回は、夏の住居の暑さ対策を、リフォーム&リノベーションのプロの目線からご紹介致します。
身近に自分でDIYでできる効果的な断熱方法や、業者に依頼する前にリフォームする際のポイントをお伝えします。

暑さなど『不快指数』を感じる大きな要因とは。

温度計

部屋が蒸し暑くまるでサウナのよう・・・日が落ちても暑さの不快感が抜けない、夜もエアコンを付けないと寝苦しい。
そういう方も多いのではないでしょうか?
その不快に思う要因としては昼間の熱気自体がこもってしまう点にあります。
例えば2階建ての木造住宅の場合でも、2階のお部屋になると、空気の流れの性質上熱が1階から2階に流れてきたりして、熱気がこもった状態になります。
つまるところ、熱を室内に入れないようにしないと根本的な解決にはなりません。

熱を効率的に下げるには換気。

窓を開けて換気

例えば夏、車に乗る際一度窓を開ける動作をする方も多いですよね。
これはエアコンを使う前に車にこもった熱を外に逃がした方が効率的に車をいち早く涼しく出来ると考えた生活の知恵です。
それと同様、まず家に帰った際は『窓を開けて換気』をして昼間こもった熱を逃がしてやることで、ちょっとしたエアコンの電気代をカットする事も出来ます。
その際は通気を考慮して風の通り道を作る為に対角の窓をあける事で、風の流速が早くなり効率的に熱気を逃がす事が出来ます。
どうしてもマンションなどで窓は一カ所しかないよという方は換気扇を使うのも手です。
また扇風機やサーキュレーターを使って熱を外に追い出すのも効果的です。

サーキュレーター

特に室内にこもる熱は天井付近に滞留しがちです。
そういう熱は換気だけではなかなか難しいので扇風機などを上に向け、できるだけ高い位置で首振りにして使うのが効果的です。
その間も必ず窓を開けて換気を続けましょう。
空気が循環したところでエアコンに切り替えることで電気代などもコストカット出来ますし、不快な時間を限りなく減らす事が出来ます。

思い切って断熱リフォームをするのも一つの手。

リフォーム

夏の不快感の原因は、上記に挙げたように通気の問題もありますが、根本原因は住居の断熱性の低さにあります。
入ってくる熱を工夫で外に逃がすのも生活の知恵でありますが、そもそも熱を家の中に入れないよう断熱リフォームするのが一番効率的です。
当然エアコンを高性能なものに買い替えるのも一つの手ですが、根本原因を解決するために断熱化できるところはないか、業者に検討・相談するとよいと思います。

それでは、夏の暑さ対策のリフォームとしていくつかのご提案をあげさせて頂きます。

1.インナーサッシ(内窓) を取り付ける。

断熱性能に優れた窓に交換すれば、熱が室内に入り込む前にブロックでき、室内の温度上昇が防げます。
リフォームの際はフレームごと替える方法か、内窓を増設し2重窓にする方法の二種類あります。
予算に合わせて検討しましょう。

2.サッシを交換する

照明の位置も快適に在宅勤務をする上で大事な要素です。
省エネ効果を求めるなら、断熱性や気密性に優れている複層ガラスの樹脂サッシに交換するのもおすすめです。

3.天井の断熱リフォーム

天井の断熱リフォームをすることで断熱性が期待出来ます。
天井裏に断熱材を設置する施工が一般的です。施工方法は主に「敷込み工法」と「吹込み工法」の2種類あります。

4.遮熱効果のある塗装を採用する(外壁 リフォーム)

屋根断熱だと施工の際のコストはやや割高になりますが、天井板を張る必要がなく、屋根のすぐ下から部屋空間として利用できるため、伸びやかな空間が作れます。
天井板で断熱をする天井断熱では、屋根を通過した熱が天井裏の空間にたまるため、小屋裏の空間は利用できなくなりますが、コストを抑えられるメリットがあります。
コスト面や天井裏の使用方法も考えて、あなたの住居にピッタリな方を選んでください。

こういった事で暑さ対策をすることが可能です。

実は外より家の中で熱中症になる人が一番多い。

円グラフ

発生場所ごとの熱中症緊急搬送者数

参考:総務省消防省「過去の全国における熱中症傷病者緊急搬送に関わる報道発表一覧」より

毎年の様にテレビなどで『熱中症などで緊急搬送された』などのニュースを聞くことが夏の恒例となりましたが、実は熱中症が起きている場所でかなりの比率が多いのがそのニュースを見ている室内が多いのが現実です。
総務省消防庁の資料によると、2019年5月~9月の間の熱中症緊急搬送人数は約95,000人。そのうち住居内で緊急搬送された方は約38,000人となんと全体の40%を締めております。
部屋の中にいるからといって、決して安全ではありません。
昼間のリビングに加え、夜間に寝室で発症する場合も多く、一日を通して油断ができない状態になっています。

快適に住むためだけではなく、大切な家族の健康をも左右してしまう住環境の改善はコロナ対策同様大切ではないかと私は考えています。
こういった持ち家の住宅改善もリノワイズは相談させていただいております。
是非お気軽にお問い合わせください。

[記事]田中 義人

■開催中及び開催予定のイベントはこちら
中古物件×リノベーションセミナー
明石にて中古住宅×リノベーションセミナー開催
『家づくりのプロが教える』住宅ローンに関する個別相談会
持ち家リノベ秘伝のノウハウ公開個別セミナー
previous arrow
next arrow
Slider