リノベーションを詳しく理解して自分好みの家作りをする為には。

コラム お客様の理想に近づける提案をする選択肢として外せない『リノベーション』

 
生活

『リノベーションって良く聞くけど、リフォームとの違いがいまいちわからない。』
『お洒落なリフォームがリノベーションって事でいいんじゃないの?』
などいまいち『リノベーション』がどういう定義を示しているかご存じではないかたが多いのではないでしょうか?
今回がそのリノベーションとリフォームその違いをまずご説明させていただいた上でお客様が住みたい住まい作りにおいてどう進めていけばよいかご提案させていただきます。

まずリフォームとリノベーションとの違いとは

リフォームは「復旧」

リフォームは復旧

リフォームは、落ちた家の価値を、「元に戻す」ものです。
長年住んでいると、住宅は劣化してきますよね。
例えば、お風呂場はカビが生えたり、キッチンは錆びたり、壁に穴が開いたり…だんだんと住宅の価値は下がっていってしまいます。
そこで、住み始めの状態になるべく近づけるべく、 元に戻すために工事をするのが『リフォーム』というわけです。
70%に落ちた価値を、100%に戻すイメージです。
住宅本来のコンセプトはほとんど変わりません。
家族構成やライフスタイルは「住み始めと同じ」と想定されて進められます。

リノベーションは「刷新」

リノベーションは「刷新」

一方で、リノベーションは、住宅に「新しい価値を付け加える」ことです。
生活していれば、住宅は劣化していくのは当然ですが、加えて徐々に家族構成やライフスタイルも変わっていきますよね?
たとえば、子供が成人して家を出たり、料理に目覚めてバーカウンターが欲しくなったり、足が悪くなって段差が邪魔になったり。
そんなときに、希望の住まいに近づけるべく、物件のコンセプト自体をガラッと根本から変えるのがリノベーションです。
現在の家族構成やライフスタイルに合わせて物件を改修するので、とても満足いただける場合が多いです。
70%まで落ちてしまった住宅の価値を、新しい機能や性能を+αして120%まで引き上げるようなイメージでしょうか。
新築注文住宅ではなく、中古住宅からでも世界にひとつの、あなた専用の物件が手に入る。
これがリノベーションのいいところですね。

上記で説明させていただいたことをざっくり加味しますとつまり物理的に大きな違いとしては『お客様の求める理想を叶える為には間取りそのものを変更する』というのが大きな違いとなっています。
ですので、お洒落な家に住みたいからリノベーションが良い、という単純な表現ではなくお客様の暮らしや生活動線などを考慮したとき、既存の間取りのままリフォームしただけでは実現しないことをリノベーションで実現するというのが正しい定義といってもいいのではと考えています。
例えばこれをファッションコーデと考えてみるとどうでしょうか。

ファッション
「流行りの服を着ているからオシャレ」ということでもなくやはり自分の体型と特徴をコーディネートに活かすことがいわゆる「魅せるファッション」こそが本当のお洒落という人も多いのではないでしょうか。

リノベーションの場合これに近いと考えています。

リノベーションをする・しないのキーポイント

勿論元々間取りそのものが自分の理想とする形により近いものであれば無理にリノベーションをする必要もないと考えています。
理由としてはリノベーションコストが従来のリフォームより高くなる可能性があるということです。
リノベーション費用は、物件の築年や広さ、工事内容や使用する設備・資材によって大きく異なります。
築年が古い場合は、配管や電気設備などの住まいに必要な重要インフラ箇所が、経年の劣化で性能・機能的に問題のある場合があり、必ず改修が必要になりますので、スケルトンからのフルリノベーションの費用を考えると予算に余裕がないと難しいです。
ですので築年が浅く、既存間取りや設備を利用しながら理想の形に近づけたいのであればリフォームの方が安くつきます。

ポイント

しかし、誰しも住宅を改修したり修繕するという事そのものが人生において多くある訳ではありません。
ですのでまずはそこにおいてどういった理想の住まいをしたいのかをトータル提案出来る業者にご相談することが一番だと考えています。
中には相談料を取る業者もあるかと思いますが、弊社の場合は無料でご相談、及びご提案させていただいております。
是非一度弊社にご相談下さいませ!

[記事]田中 義人

お住まいに関して気軽に質問したい方はLINEがおすすめ!

LINE友達追加

イベントの先行ご案内やお得な情報も続々更新中です!
■開催中及び開催予定のイベントはこちら