床上浸水を起さない為の土地・物件選びは重要。

コラム 日本は災害大国

災害

災害と台風。
色々な面で私も考えさせられる今日この頃です。
災害ばかりは地震などを除き直近はまだ予測できたとしてもいざ動けないこともよくあると思います。
ニュースで床上浸水になっているお家を見て心配になってしまいました。
家を建てたばかりの方も火災保険の水災に入っていたらいいんですが・・・水災に入ると火災保険は一気に値段が上がります。
まさか!?そんな自分の家が床上浸水なるなんて誰も思っていません・・・川の近くでもないし・・・。
しかし川の近くでなくても「内水の氾濫」というのがあります。

内水の氾濫とは?

水害

内水の氾濫とは降った雨が排水路や下水管に一挙に流れ雨水処理能力を超えてあふれる、あるいは川の水位が上昇して雨水をポンプで川に流せずに、建物や土地、道路などが浸水することです
そうなんです。。。
川の近くでなくても床上浸水するということです。
まさかですよね・・・ただ、今回の川の氾濫なども本当にまさか!?だと思います。
1級河川が氾濫されてしまうなんてです・・・。
備えあれば憂いなしではありませんが水災は火災保険料が高くなるのでハザードマップで調べないといけなくなります。
兵庫県のハザードマップはこちら

http://www.hazardmap.pref.hyogo.jp/

火災保険は万全ではない。

火災保険

また、火災保険にしっかりと入っているから安心ではありません。
家の在り方ってどうなんでしょうか??
今、ハウスメーカーなどは耐震・断熱性の高い住宅を作ろうとしていますが次は雨や風に強い家がいいのでしょうか?
どんどん建物コストアップにつながるのは安心安全なのか?
もし万が一、マイホームを購入して災害にあってしまっては建物も当然傷みますし修復にも費用と時間がかかります。
日本はマイホームを持てばずっとそこに住み終の棲家にされる方が多いですがリノベーションでお考えの方は比較的コストを抑えて住宅を取得することによって身動きをしやすくするために考える方も増えてきました。
子育て中心の時は一戸建て、老後は便利な場所へマンション暮らし。
そんなプランもいいかもしれません。
ただ、前回のライフプランニングがより大切になり計画性が必要になってきます。
きっと今回の災害で火災保険料の見直しが入り全体的に火災保険料は上がっていく可能性が高いです。
また、土地・物件探しにも影響され


東日本大震災の時は海の近くはNG
西日本豪雨の時は山の近くはNG
今回台風の被害で川の近くはNG

・・・となり不動産の偏りも懸念されます。
しばらくすると忘れ去られて検討できるようになりますが・・・
身を守る家、考え方は様々です。
暮らしを豊かにするために様々な角度から考え直さないといけません。

人生ライフワークバランスが大切

打ち合わせ

無理な支払いもいけません、かといって不便も困ります。
人生バランスが大事です。
リノワイズとしてもそういった暮らしの提案をリノベーションを通じてご提案させていただきます。
私どもリノワイズは、知識と経験に裏打ちされた、不動産選びの選定眼がありますし、地域密着で活動してきた実績から、姫路周辺に綿密に張り巡らされた情報網があります。
他の業者が知らないような物件をたくさん知っています。
リノベーションについても数多くの物件を手がけてきましたから、あなたが予想もしていないようなリノベーションのアイデアが出せます。
「中古住宅×リノベーションについてもっとよく知りたい!」
「物件を探しているけど良い物件が無い」
という方は、無料のリノワイズのセミナーへお越しください。


・リノベーションでどんなことができるのか?
・いくらくらいでリノベーションができるのか?
・どんな資金計画を立てればいいのか?
・リノベーション向けの中古物件を選ぶポイントとは?

そんなことが無料でわかります。
ぜひ、お気軽にお越しください!

[記事]田中 義人

お住まいに関して気軽に質問したい方はLINEがおすすめ!

LINE友達追加

イベントの先行ご案内やお得な情報も続々更新中です!
■開催中及び開催予定のイベントはこちら