お風呂のタイプや種類について

コラム お風呂のタイプや種類について

お風呂上がり

一日の疲れを癒すお風呂。
お風呂に関しては、男性のお客様からもご意見をよくいただきます。
最近、ご実家のリフォームのご相談が増えてきました。
そこで今回はお風呂のタイプや種類についてご説明させていただきます。

まずは、サイズのお話

1216、1616、1620など良く聞く単語ですが、こちらは浴室全体の大きさを表しております。

○1216(0.75坪)

1216バスのサイズ規格は120cm×160cmになります。
浴槽はゆったりと足を伸ばすにはすこし小さめのサイズです。

○1616(1坪)おおむね畳2枚分

1616サイズとは浴室やトイレなどのユニットサイズを示す数字で、160cm×160cmの広さのことを指します。
別称:1坪タイプともいいます。
新築戸建てには多いサイズです。

○1620(1.25坪)

1616サイズとは浴室やトイレなどのユニットサイズを示す数字で、「160cm×200cm」になります。
ゆったりとしたお風呂で入浴介助が必要な方には最適の大きさです。

この他にも、サイズの規格があります。

デザインについて

お風呂
  在来浴室  

オリジナルのお風呂

○メリットはサイズに限定されない浴槽と洗い場の配置

仕上げ材も様々でこだわりのお風呂が実現できる。

×デメリットはコストが高めになりがち。

工期も長くなり、防水面の配慮も必要。

ハーフユニットバス
  ハーフユニットバス  

在来浴室とユニットバスの合わせ技

○メリットはシステムバスの下半分がユニット化されているので防水面の安心と工期の安定。

壁の上部や天井の仕上げなどが自由になるため、在来工法のように好みの素材を取り入れた空間が実現できる。

×在来浴室よりはコスト面は安くなるがユニットバスよりは高くなる。

ユニットバス
  ユニットバス  

ユニットバス

○メリットは、工期が短く比較的安価。

断熱性能も高く室内も冷えにくかったり掃除もしやすい。

×規格が決まっているのでサイズなど含め制限あり。

このほかお風呂選びで注意すべきポイント

安全対策

転倒などの事故が起こりやすい浴室。
手すりなどの取り付けや段差の解消。
滑りにくい床などの対策が必要。

またぎの高さ

昔は、浴槽をまたぐ高さが高く、出入りに際に転倒も。
今の浴槽は、またぐ高さが40~45cmと低くなり出入りがしやすくなりました。

ヒートショック

気温などの急激な変化で血圧が上がると、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因になります。
入浴前に室温を上げておくことが大事となり、浴室暖房や断熱材を入れておくと効果的です。

浴室扉(折れ戸or引き戸or開き戸

標準的なものは折れ戸が多く少ないスペースで開閉できる。
開き戸は、デザインもかっこよくなりますが物が置けなくなったりも。
引き戸は、開閉スぺ―スも取られず便利。ただし、コストアップ。

浴槽の色

浴槽の色は、黒などはスタイリッシュで素敵ですが汚れが目立ちやすくなります。
掃除をラクにしたい場合は薄めの色がオススメです。

浴槽の形

浴槽はゆったりと湯船につかりたい場合は、一般的な形の浴槽がオススメ。
お子様などと一緒にお風呂に入る方は半身浴ができるタイプがオススメ。
さらにこちらは、お湯の節約にもなったりもします。

そのほかにもお掃除がしやすなったり、湯温が5時間経っても2.5℃しか下がらなかったり、シャワーなども節水タイプがあるので光熱費が安くなります。

なので、水回りの交換は快適プラス光熱費が安くなるので早めの交換もオススメです。

癒しと楽しみの空間お風呂。

疲れた体を癒すのも良し。

家族みんなで楽しく入るお風呂も良し。

お風呂でリラックスしながら本や音楽を聞くのも良し。

眠りにつく前のリラクゼーションからその日一日の始まりのお風呂で気合を入れるのもお風呂という空間にドラマを作りませんか?

一からあなたの夢のマイホームお手伝いいたします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

[記事]田中 義人