中古不動産を購入する際の手数料を極力減らす方法とは?

コラム 中古不動産を購入する際の手数料を極力減らす方法とは?

手数料

以下のコラムに記載されているように中古不動産を購入する際には初期費用がかかります。

中古不動産購入を購入する際、自己資金は最低いくら必要か。

 

しかし、手法によっては初期費用0円でも中古不動産を購入する方法があります。

そのためには以下の手段を知っておきましょう。

フルローンを組む

フルローン

まずは、フルローンを組むことが必須です。
「フルローン」とは、その名の通り、不動産投資に必要な物件の購入金額を自己資金なしで、すべて金融機関からの融資で調達できるローンのことです。

ただし、フルローンは金融機関の審査のハードルが高いのがネックとなります。
そのため、ローン審査を通したが最終的に否決されたり減額承認(頭金を入れればOK)になることも事前にしっておかないといけません。

そういった自体に陥ると、初期費用0円で中古不動産を購入するのは困難となります。

諸費用ローンを組む

諸費用ローン

諸費用ローンとは住宅ローンの諸費用を負担してくれるローンの事です。

不動産取得に関わる諸費用なら家具や付帯設備(エアコンなど)、さらには修繕積立金もローンに組み込むことが可能なローンとなります。
自己負担額を抑えることができ、便利なローンです。

しかし、住宅ローンと同様に審査があるため注意が必要です。

また場合によっては住宅ローン金利より高くなることがあったり別途手数料や保証料がかかるなどのリスクもあります。
それらの条件や金額は金融機関によって異なるので確認をする必要があります。

仲介手数料無料または仲介手数料割引をしている不動産会社を探す

仲介手数料割引をしている不動産会社

仲介手数料なども諸費用ローンなどで組み初期費用を0にする事は可能ですが、それらの借り入れ額を抑える方法として仲介手数料無料または仲介手数料割引をしている不動産会社を探すという方法もあります。

最近で売り主からしか仲介手数料を取らないで、買主に限り仲介手数料にするという不動産仲介会社も増えてきたように思います。

そういった不動産仲介会社に依頼することによって初期費用を抑え中古不動産をコスト安にする方法もあります。

これらのように、費用をできる限り安く不動産を購入することは可能ですが、様々な条件や審査をクリアする必要があります。

そのため、なるべく安く不動産を購入したい場合は、まず不動産管理会社に早めに相談しましょう。

弊社はリノベーションの会社でもありますが、不動産仲介をやっている会社でもありますのでまずはお気軽にご相談下さい。

諸費用ローンを組む前提で金融機関をご紹介するなどの提案もさせていただきます。

[記事]田中 義人