ウォークインクローゼットで片付け&身支度の時間短縮!収納リノベーションで子育ても安心。

コラム 子育てを家事をこなすお母さんはいつも大変。。。

お片付け・掃除・洗濯って、正直めんどうくさいですよね?

毎日子育てをしながらそれら家事をこなしていらっしゃるお母様方には本当に頭が上がりません…

家事をこなすお母さん

なるべくなら、こうした家事も効率的にこなして、テレビを見たり、趣味の時間に使ったり、自分の時間を確保したいものですよね?
子育ては本当に一日中時間を使いますから、ほんの少しでも長く自分の時間を確保したいと思うものではないでしょうか。
そのなかでも、お子さんが大きくなってくれば困るのが片付けですね。
子供は本当に片付けしません。
出したら出しっぱなしで、次から次へとめちゃめちゃに散らかしていきます。
加えて、お子様の成長にともない、ものがだんだんと増えてきます。
それらをどこにしまっておくかは結構頭を悩ませるかと思います。
そもそも、もう収納する場所がない!

あちこちにしまったものがからどこに何があるかわからない…!

なんて事態になっているご家庭もあるかもしれませんね。

とはいえ、新しく収納家具を買ってくればけっこうスペースをとるので部屋がとたんに狭くなりがちです。

そこでおすすめなのが、『ウォークインクローゼット』

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットは、人が入れる衣類収納スペースです。

納戸のように独立した部屋として作る場合が多いです。
このウォークインクローゼットのいいところは、服をそのままかけておくことができること。
とりあえず一括収納ができるという点です。
洋服をたたんで収納するのは非常にめんどうです。
子供用の服が増えてくると、いちいちたたんでいられません。
しかし、ウォークインクローゼットでは、服をそのままかけておくことができ、いちいち服をたたむ手間が短縮できます。

ウォークインクローゼット

玄関に近いところにウォークインクローゼットがあれば、身支度をしてすぐにそのまま出かけられます。

もしくはウォークインクローゼットから寝室と洗面所に出入りできるようにしておくと、寝巻きと普段着の切替や、出かける前の身支度がしやすくなってとても効率的ですね。
また、このウォークインクローゼットを「とりあえず収納しておける場所」としておけば、とりあえずなんでも放り込んでおけます。

ウォークインクローゼットを有効活用する。

収納

急な来客などで部屋を片付けておかないといけないときなどに助かります。

このウォークインクローゼットは、ドアをつける場合もありますが、カーテンで仕切りさえすれば外から見えませんので、ドアなしで施工することも可能です。
リノベーションでこれまで有効活用できていなかった部屋を新しくウォークインクローゼットにすると、スペースの有効活用になって効果的です。
これからお子様が大きくなったり、家族が増えたりしたご家庭には、こうしたリノベーションがとても役に立ちます。
ぜひ、より便利な生活のためにリノベーションを検討してみてください。

[記事]田中 義人