住まいを長く快適に保ち住宅コストを抑える方法

コラム あなたは、日本の住宅って、何年くらい住めるかご存知でしょうか?

こう聞くと、「う〜ん30年くらいかしら??」

とお答えいただくことが多いですね。

これは、「木造住宅の寿命は30年」なんて意見があちこちでよく聞かれるからです。

でも、本当はもっと住宅の寿命は長くすることが可能なんです。

実際、海外の住宅では、30年を超えて50年や70年なんて住み続けることが多いですね。

「えっ、じゃ寿命は30年ってだれが言い出したの?」と思うでしょうか。

なぜ日本では「寿命は30年」なんて言われるかというと、建て替えられる時期が約30年ぐらいが多いからなんですね。

これは今では現実的ではないと、指摘されることが多くなってきていて、

今では65年くらいが平均寿命ではないかと言われています。

しかも、よく考えてみれば、日本には数百年の歳月を経てきた建造物なんてたくさんありますよね。

古民家や寺院などは木造ですが、数百年の歳月を経てもまだまだ住めそうです。

ですから、通りいっぺんに寿命は30年、60年と決めつけずに、もっと長く住めると考えた方がいいですね。

「じゃあ、住宅の寿命って何で決まるの?」という疑問が出てくるかもしれないので、それについてお話ししていきます。

住宅の寿命を左右するのは『メンテナンス』

先ほど木造住宅の寿命は30年よりも長い、とは言いましたが、確かに住宅部材の寿命は、30年くらいで寿命を迎えるものがあります。

また、もし腐朽やシロアリなどの被害を受ければ、急激に部材の劣化が起こります。

一部分が痛むと、連鎖的に他の部分も痛んできます。

たとえば、洗面台が壊れて水漏れが起こるようになれば、その床下が湿気にさらされて、床の部材が全てダメになってしまいかねません。

「ひ〜〜腐ってる〜〜!」と気づいた時にもう遅いなんて事態に…

そのため、なるべく住宅を長く健全な状態に保っておくには、部材が傷みやすい状況にならないようにする痛んだ部材を交換するということが必要になってきます。

そこで役に立つのが、『メンテナンス』なんです。

メンテナンスで痛んだ部材を早期発見・交換する事が何よりも大切

メンテナンスをしっかりすれば痛んだ部材を早期発見・交換できますし、健全な部材の劣化を防ぐことができます。

木部材であれば約5年間隔くらいのメンテナンスが必要だと言われています。

その他の部材についてはそれぞれ目安のメンテナンス間隔が異なりますので気になる方は気軽にお問い合わせください。

あまりにひどくなってからだと、修理も大規模になりますし、建て替えしないといけない事態にもなりかねません。

定期的にメンテナンスを行った方が、かえってトータルのコストは抑えられるのでぜひ心に留めておいていただきたいと思います。

さらに、痛みがひどくなってきた、間取りや設計がライフスタイルに合わなくなってきた、飽きてきた、ということであれば、メンテナンスではなく、リノベーション(リフォーム)を行うこともおすすめです。

リノベーションでも痛んだ部材を交換できますし、傷みにくいように施工を施すことも可能です。

もちろん新築への住み替えも気分一新できていいのですが、リノベーションでもコストを抑えつつ住宅を生まれ変わらせることが可能です。

こうして定期的にメンテナンスやリノベーションによって、同じ住宅に住み続けた方が経済的にも安くてすみますし、地球にとっても優しいですね。

もし、メンテナンスやリノベーションについてご質問がございましたらぜひ弊社まで一度ご相談くださいませ!

[記事]田中 義人

■開催中及び開催予定のイベントはこちら
リノベ物件の探し方講座
ライフプランから考えよう!住宅ローン個別相談会
previous arrow
next arrow
Slider