中古住宅の耐震面について

コラム 物件を探す際に気をつけるポイント

中古住宅の耐震面について

まず、物件を探す際に気をつけて見てもらうポイントとしては耐震基準になります。

耐震基準とは?

 

建物が地震に耐える能力を調べるもので関東大震災の次の年(1924年)に施行されました。

それから、1981年に大きく改定されます。

この、1981年以降の新耐震基準が現在の建築基準法のベースにもなっております。

なので、まず見てもらうのは1981年以前の物件なのか?それとも1981年以降の建物なのか?

もちろん、新耐震基準の建物に越したことはありませんが古くても安心してください。

神社仏閣など木造建築で100年超える建物たくさんあります。

本当に大事なのは、しっかりとメンテナンスされているかどうかの方が大事で築年数が浅くても建物は傷むケースも多くあります。

スケルトンの状態で、建物の全てを見ることができる状態であれば柱や土台などもチェックできますし、シロアリや雨漏りもチェックできます。

それを、現在の耐震基準と同様に改修していくことは可能です。

今から、見てもらうのは築53年の岩端町のモデルハウスです。

さらに、耐震面につきましては軽くするのも有効で陶器の瓦からガルバリウム鋼板に変えると軽くなり耐震補強にもなります。

築53年の岩端町のモデルハウス

こういった、耐震診断をして耐震改修をすれば適合証明書という書類を発行してもらえます。

この適合証明書とは、現在の耐震基準に満たした建物であることが証明されて、瑕疵(欠陥)保険にも入れます。

建物自体は年数よりもきっちりと手をかければ安心して暮らせるお住まいというのが少しご理解いただけたら幸いです。

不動産的な見方をすると築25年を超える建物は価値が0円とみなされるということでお安く取得できますので、古くても安心できる物件を探してみましょう!

リノベーションとリノベーション向け物件のことならリノワイズにお任せあれ!!

 

[記事]田中 義人

■開催中及び開催予定のイベントはこちら
持ち家の為のリノベーション
中古物件を探してリノベしたいお客様の為の個別相談会
住宅ローンに関する個別相談会
previous arrow
next arrow
Slider