仲介手数料ってなんなのか?

コラム 通常不動産を購入する際には“不動産仲介手数料”がかかります。

契約

通常、不動産を購入する際や賃貸をする際には不動産仲介業者に仲介手数料を支払わなくてはなりません。
例えばリノベーションをした物件にお住みになりたい。
しかしそのリノベーションをする物件が今現在手持ちで無い場合、その物件を購入する際に不動産仲介業者に対して仲介手数料を支払う必要があります。
仲介手数料

 

例えば2,000万円の不動産を購入した場合

仲介手数料の例

【計算例】

2000万円×3%+6万円×消費税=60万4800円

上記の金額が仲介手数料として発生します。

例えば買い主が不動産仲介業者を利用して不動産物件を購入した場合は、買い主が仲介業者に仲介手数料を支払うことになります。

※不動産における「買い主」とは、不動産物件を買う人のことを指します。
※仲介手数料は契約成立時、成功報酬として支払うものなので、不動産の売買契約をしても物件の取引が成立しなければ支払う必要はありません。

仲介手数料は決して小さな金額ではありません。

ですので、実際通常仲介手数料として幾ら支払うのか相場を事前にしっかりと理解して契約するようにしましょう。

[記事]田中 義人

■開催中及び開催予定のイベントはこちら
中古物件を探してリノベしたいお客様の為の個別相談会
住宅ローンに関する個別相談会
持ち家リノベ秘伝のノウハウ公開セミナー
previous arrow
next arrow
Slider