不動産業界でHPに掲載できない物件がある理由

コラム 不動産業界の悲しい慣習

不動産業界でHPに掲載できない物件

お客様からこんな質問が・・・「物件情報ってHPに掲載されているだけじゃないんですか!?」
そうなんです。ご紹介できる物件は、何もHPに掲載されている物件だけじゃないんです。

でもなぜHPに掲載できないか??

まずは、不動産会社さんの半分くらいは売主さんから預かった物件は自社のHPにのみ掲載して他の会社には掲載させてもらえません。

ただ、掲載はできませんが紹介はできるので「お客さんがいたら紹介してねとこんな感じです。

そのほか、売主さんが周りに知られたくない、そんな物件もあります。

そういったこともあり、リノワイズのHPで掲載できている物件は5割もありません。

これがHPに掲載できないけどいい物件ってたくさんあるんです・・・

なのに・・・HPで物件を掲載して募集・紹介ができない、、、悲しい現実です。

さらに、ゆくゆく売り出す予定などの水面下の物件もあったりしますのでなかなか知れない情報も多いのが事実です。

こんな状態でも、昔に比べたら全然いいんですが・・・

今は、ネットで物件検索ができます。

なので、会社に行かなくて調べれるし不動産会社などに行くのはとても億劫だと思います。

不動産は高い買い物です。
「ネットで検索して買います」そんな時代になりつつありますが現実はまだ難しい。

物件には長所短所が必ずあります。

ぼくたちも、お客様のことを理解した上でよりよいご提案ができますしいいことばかりだけでなく全体像のお話もさせてもらいたいところです。

 

不動産業界は営業がしつこいイメージが・・・

不動産業界は営業がしつこいイメージ

ただ、不動産会社に行くと根掘り葉掘り聞かれたりアンケート書いたらずっと電話がかかってきたり嫌なイメージも多いかもしれません。

理想の住まい探しをされたい方はやはり信用のおける会社さんを探すのが一番近道になります。

もし、今年住まい探しを始めようと思われている方はお任せできそうな会社さんを探してみてください。

そうすれば、すぐにご紹介できる物件がなくても自分の要望をしっかり伝えると有益な情報提供をしてもらえるようになります。

”不動産は縁のモノ”と言います。

ぼくは、アクションあって出会う人によってそこに縁が生まれると思っております。

きっとこれから空き家が増えます。

もっともっと売主さんにも買主さんにも情報がわかりやすくなればいいのに・・・

ぼくたちは、様々な角度からの紹介や提案が強み。

情報がわかりにくければどんどん取り壊されちゃうし求めている人に届かない・・・

そうもどかしさを感じてしまいした。

すこしでもたくさん情報提供できるようにぼく自身ももっともっと努力いたします。

[記事]田中 義人