老後や将来の不安を解消するリバースモーゲージとは?

コラム リバースモーゲージとは?

シニア世代を対象にした金融商品

さて、本日は【リバースモーゲージ】について説明していきたいと思います。

リバースモーゲージとは持ち家を担保にした融資のことでシニア世代を対象にした金融商品。

月々の返済はないが加入者が亡くなった後持ち家を売却した代金を一括で返済、住宅ローンは借りた額の一部を月々返済する仕組みになっています。

リバースモーゲージは基本的に月々の支払いは発生しません。

返済が発生するのは契約者が亡くなって住宅を売却するタイミングです。

そうなんです。

マイホームを生前に資産運用できちゃうってことなんです。

リバースモーゲージのメリット

そんな、リバースモーゲージのメリット

1.老後の生活費の不安を払拭できる

2.老人ホームへの入所などでお金が必要な時に便利

3.月々の返済をしなくていい(金融機関によってはあり)

4.保証人なしというサービスもある

5.自宅に住みながらまとまったお金を借りれる

デメリットは???

1.認知度が低い

2.子供に家を残せない

3.土地価格の下落で担保割れの可能性がある

4.物件によっては使えないことがある

5.二世帯住宅で住まれている方は不可

とこんな感じになっています。

(※こちらを使えるのは早くても55歳から)

水まわり・外壁・屋根の修理の時期は約20年後新築で購入されたとして20年後にやってきます。

これらの修理には結構な金額がかかってしまいます。

今までは、こういった工事の資金にのみ限定されていましたが現在は使い方を限らない金融機関も増えてきました。

それは、医療の発展もあり長生きできるようになり老後の資金はかなり必要と言われているからかもしれません。

今や女性の平均寿命は87歳老後の資金は3000万円必要と言われたりもします。

今まで、年功序列で毎年給料も上がり続けていたころは安心ですがこれからはどうでしょうか?

老後

 

昨今の社会情勢を見ていても少し先の未来もあまりわかりません。

それでも、自分たちのマイホームを手放すのは・・・皆さん同じお気持ちだと思います

もちろん、支払いにも安心できる範囲でマイホームを購入して老後の資金まで預貯金できる方が理想ではあります。

ただ、実際にご実家の承継も家を必要としているときに承継をできない方も多く実家や家はあるが子供たちは家を買い、また、子供たちは就職や結婚で近くに住まないケースも目立ってきています。

そんな中、年金の保証もなくなってきているところ・・・

こういったリバースモーゲージを使われる方が増えてきています。

うまく考えておけばある程度様々な困難があったとしても乗り越えられます。

ただ、こちらの商品もあくまで不動産の担保価値に対しての融資市場価格60%の金額になります。

郊外は不動産価格もお安く購入できますがリバースモーゲージなどの場合は資産として見ているため郊外などは使えないケースなどもあるので注意しないといけません。

子どもに頼らずに老後を夫婦や1人で過ごす世帯は増えてきています。
子どもに不動産を残せないのはデメリットですが子どもに借金をせず老後の生活ができる点はリバースモーゲージは魅力的です。

老後、ゆとりを持った生活をしたいと考えている場合は、リバースモーゲージを活用するのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

マイホームの購入は資産としての一面もありしっかりとした計画の上ご検討いただけた場合はずっと賃貸で住み続けるより安心かもしれませんね。

 

[記事]田中 義人

■開催中及び開催予定のイベントはこちら
リノベ物件の探し方講座
ライフプランから考えよう!住宅ローン個別相談会
previous arrow
next arrow
Slider