最期を迎える時まで生活する住まいを選ぶにはどう探せば良いか?

コラム マイホームの考え方に~終の棲家は正しい??~についての疑問

マイホーム

本日はマイホームの考え方について。

まずは、賃貸住宅に住まれている方の場合。

お勤め先などのお近くや利便性重視で探されることが多くマイホームをお持ちになると少し不便になられる方も多くいます。

何年住む家か?
親御様としては、ゆくゆく引き継いでほしい。
しかし、同居は難しい(広さの問題など・祖父母など関係含む)
ただ、家賃がもったいないと感じたり子供の成長から拠点決めたい人はヤキモキされています。

そんな方が最近は弊社にご相談によく来られます。

新築は、費用がかかりすぎてしまうため終の棲家として考えるにはいいがゆくゆく実家に戻るかも・・・みたいな人には向かないかもしれません。

また、親御様も新築住宅を購入されると戻ってこないのでは・・・と思われ反対されることもよくお聞きします。

そこで、何年住む家かを決めることはとても大事となります。

住宅の譲渡

もちろん終の棲家としても住めるし子供が自立するまでや働いている期間それぞれの考え方によってマイホームの持ち方は異なります。

マイホームの一次取得者は基本的には30代前後の方が多いかと思います。

もちろん、お仕事に関しても任される仕事も増え働き盛り子供もできて順風満帆な方が多いと思います。

ただ、購入資金にしても無理なく払えるようにいろいろと妥協される方も多いかもしれません。

通勤時間やなども、マイホームを持つことによって遠くなるかもしれません。

その通勤時間も30代は乗り越えられても定年間際のことを考えると、辛くなることもあります。

日本は、どうしてもマイホーム=終の棲家がとても強い国ですが、欧米諸国では中古住宅市場の流通が盛んなのでそれぞれ、ご家庭の環境に応じて住まいを変えていかれます。

日本も、社会問題になってきている空き家問題を解決するために、中古住宅の流通に補助金を入れて活性化を計られていますが、消費者にとっては快適に暮らす価値観は変わっていくべきだと個人的には思っております。

[記事]田中 義人