用語集[軒高(のきだか)]

 リフォーム・リノベーション用語集

【軒高(のきだか)】

用語集
軒高(のきだか)

軒高とは軒の高さの事をさし地盤面から、軒を支える構造材の上部までの高さのことです。

具体的には柱の上部をつなぐために、まわす木材を桁とよび、設計上の地盤(GL)から桁の天端までの距離の高さのことをさします。

木造の場合では軒高が9mを超える場合、一定の防火上の基準に適合しなければならないとされており、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域内の建築物で、日影規制を受ける地域では、軒高が7mを超えるものが制限の対象となります。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース