用語集[熱伝導率]

 リフォーム・リノベーション用語集

【熱伝導率】

用語集
熱伝導率

「熱伝導」とは、『物質の移動無しに、熱が高温から低温へ運ばれる現象』の事です。
高温の活発な分子運動の働きが低温側へ伝わることによって起こります。

熱伝導率とはこの熱移動の起こりやすさを表す係数の事で、1メートルの厚みがある物質の両面に1度の温度差があるとき、1平方メートルの面積あたりで1時間に伝わる熱量で表現される値のことです。

熱伝導率は単位長さの値であるため、熱伝導率の大きい物質でも、実際に使用するときの長さ(厚み)が大きければ放熱効果は落ちます。
また、熱伝導率は一般的に温度によって変化します。例えば、気体の熱伝導率は温度とともに大きくなり、金属の熱伝導率は温度の上昇に伴い小さくなる傾向があります。

家作りにおいて断熱材を選ぶ時には、様々な数字がポイントが代表的になってきますがその1つとして、熱伝導率があげられます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース