用語集[難燃合板]

 リフォーム・リノベーション用語集

【難燃合板】

用語集
難燃合板

難燃合板とは、難燃性(物質に着火しにくく、また着火して燃焼が持続しても、その速度が非常に遅い性質のこと)をもたせるための薬剤で処理した内装用の合板の事です。
建築材料として使用する場合、国土交通省が定めた防火材料(不燃材料、準不燃材料、難燃材料)としての性能規定・要件に適合する必要があります。
合板の性能を定めた規格として「JAS規格(日本農林規格)」がありますが、2013年(平成25年)に、合板のJAS規格においては難燃処理および防炎処理の規定は削除されました。
ちなみに、現状の合板のJAS規格には、普通合板、コンクリート型枠用合板、構造用合板、化粧ばり構造用合板、天然木化粧合板、特殊加工化粧合板の6基準があり、認定された商品にはJASマークが表示されます。


50音から探す(リノベーション用語集)
 あ行 | か行 | さ行 | た行 | な行 | は行 | ま行 | や行 | ら行 | わ行

カテゴリーから探す(リノベーション用語集)
キッチン・サニタリー
契約・法律
安全・快適性能
工法・構造・施工・技術等
耐火・防火・防犯性
耐震・耐火性
資材・建材
設備・エクステリア
設計・プラン
資格・職種
間取り・スペース